TOP

Academic Programs

体系的、統合的、実践的なカリキュラムのご紹介や、青山ビジネススクールの特色ある科目「青山アクション・ラーニング」等、授業内容を詳しくご紹介します。

TOP PAGE履修証明プログラム サステナビリティ・マネジメント講座 〉 講師略歴

講師略歴

伊藤 晴祥

伊藤 晴祥
担当

サステナブル・ファイナンシャル・マネジメント

略歴

青山学院大学国際政治経済学部卒業。ハワイ大学シャイドラー経営大学院で博士号(Ph.D. in International Management)取得。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科で博士(政策・メディア)取得。国際大学講師、准教授を経て、2019年4月より現職。2015年8月よりイトックス株式会社代表取締役。
専門分野は、コーポレートファイナンス、リスクマネジメント、リアルオプション。リスクマネジメント分野では、2018年に日本保険学会賞(論文の部)、2022年に生命保険文化センターから優秀論文賞を受賞している。近年では、サステナブルファイナンスの研究にも従事しており、“On the Correlation between Market Risk Premiums and SDGs: Implications to Corporate Value,” Communications of Japan Association of Real Options and Strategy Vol.12, Issue 1、「日本企業が実践するべきサステナブルファイナンスに関する一考察〜経済理論から考えるサステナブルファイナンスの行方〜」金融・資本市場リサーチ第6号等を始めとする多数の論文を執筆している。2020年から、ISO/TC207 環境マネジメント及びISO/TC322 サステナブルファイナンスのエキスパートを務めている。

福田 徹

福田 徹
担当

SDGsゲーム

略歴

SDGsやアイデア創出をテーマにした教育事業を大学や企業向けに展開している。昨年からSDGsを楽しみながら学べるカードゲームを早稲田大学および高崎商科大学の教授と共同開発を行い、第一弾としてまちづくりをテーマにしたオリジナルの「SDGsスーパーシティゲーム」をリリースした。今年度は、複数のSDGs関連のカードゲームを共同開発中。
また、ブロックチェーンを使用したデジタル商品券発行プラットフォームを提供するエバーコネクト株式会社の取締役、VP & Chief Strategy Officerも務める。
青山学院大学大学院国際マネジメント研究科修了(MBA)、北京大学外資企業EMBA修了、東京女子大学非常勤講師:担当科目「女性の起業」、青山学院大学学校教育法履修証明プログラム修了認定ワークショップデザイナー、日本マーケティング学会マーケティングサロン委員

宮副 謙司

宮副 謙司
担当

サステナブル・マーケティング

略歴

青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授
九州大学法学部卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA取得)、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了(経済学博士)。2009年4月より現職。「マーケティング」「ファッション・リテイリング」「地域活性化のマーケティング」「SDGsコミュニティ・マーケティング」などマーケティング関連科目を担当。
主な著書に『コア・テキスト流通論』(2010年新世社)、『地域活性化マーケティング』(2014年同友館)、『米国ポートランドの地域活性化戦略』(2017年同友館)、『企業経営と地域活性化』(2021年千倉書房:共著)、『青山企業に学ぶコミュニティ型マーケティング』(2022年中央経済社:編著)など。
日本マーケティング学会理事(2017年度・2021年度学会賞受賞)。リサーチプロジェクト「地域活性化マーケティング研究会」主宰。

岩田 宜子

岩田 宜子
担当

IRと経営

略歴

慶応義塾大学経済学部卒業後、米系銀行の東京支店に入社。外国為替、融資、さらにALM分析、リスク管理計画など多岐にわたる業務を経験の後、米系大手カード会社に入社。当カードの国内におけるシェア拡大、さらに世界に先駆けての国内決済センターの立ち上げ、ICカード実験に参加する。
1992年よりIR業界でのキャリアを開始、1994年12月米国IRコンサルティング会社、テクニメトリックス(現、トムソン・ファイナンシャル)の東京支社開設に伴い、同社に入社。市場を意識したIR活動を日本で初めて提案。同社を退社するまで、日本・韓国担当シニア・ディレクターを務めた。同社で担当した企業数は100社を越え、現在IR先進企業と呼ばれているほとんどの企業を顧客とした。
同社の日本企業チームの有志で、日系初のグローバル・IRコンサルティング会社、ジェイ・ユーラス・アイアール㈱を設立。今までの経験を活かし、日本に軸足を置いた本格的なIRコンサルティングビジネスを展開する。現在、上場企業はもちろん、新興企業、上場前企業を顧客とする。2007年より2011年まで東証上場会社表彰選定委員。2013年10月、経産省にて、「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」における対内直接投資研究会を発足され、その委員に選ばれた。
2016年、京都大学にて博士号(経済学)取得。

主な掲載論文

「欧米に遅れる日本企業の資金調達」(ハーバード・ビジネス・レビュー92年11月)、「アナリスト評価機関の設立を」(1994年東洋経済別冊)、「日本企業によるIR活動の現状と今後の課題」(商事法務1996.11.25号)、「株価左右するIR活動-国際優良銘柄の条件に、株主総会対策で効果」(日経金融新聞1997年2月)、「日本における議決権行使システムの問題と改善提案」(商事法務2000.3.5号)、「アメリカ最新事情に見る総会の役割」(週刊東洋経済「経営革新入門」2000.6.10/6.17号)、「新世紀マネージメント-市場に真摯なIR、情報開示ポリシー作りの3原則」(日経ビジネス2000.11.6号)など。日本インベスター・リレーションズ協会による刊行誌に「パワーアップする日本の経営陣」、「西暦2000年のIR」、「IT時代を意識する米国」などを掲載。
2001年1月 東洋経済新報社より近藤一仁氏との共著で「投資家・アナリストの共感をよぶIR」を出版。また、2001年後半、日本証券新聞にて「IRの現場から」、東証マザーズメールマガジンにて「IR基礎編」を担当。2010年8月 日経新聞「目からうろこ」シリーズ「企業統治開示の新潮流」8回執筆、2011年8月 日経新聞「なるほど投資講座」シリーズ「企業統治開示の最新事情」4回執筆。2013年12月同友館「ファンドマネージメント大全~資産運用会社の経営と実務~」のIRのパートを執筆。2014年12月、同友館より「スチュワードシップ・コードとコーポレートガバナンス・コード~日本企業への影響とIR活動~」を代表執筆。2015年11月「コーポレートガバナンス・コードのIR対応」(中央経済社)出版。2017年12月商事法務「取締役会評価の現状分析と今後の課題」(共著)。2019年7月商事法務「取締役会のあり方に関する近時の議論と企業の対応―取締役会の実効性評価により抽出される課題と対応―」(共著)。2019年11月商事法務「取締役会評価の現状分析と今後の課題」(共著)続いて、2021年5月商事法務「取締役会評価の現状分析と今後の課題」(共著)を発表。9月15日号にて「投資家によるエンゲージメント要請への応え方」を執筆。

細田 髙道

細田 髙道
担当

サステナブル・オペレーションズ・マネジメント

略歴

青山学院大学国際マネジメント研究科(青山ビジネススクール)教授(Ph.D.)専門領域はサプライチェーン・マネジメント。EJORやIJPE等の海外トップジャーナルからの出版多数。国内学会エリアエディタも務める。日英の企業コンサルティング経験も多数。社会人向けMBAプログラムにてオペレーションズ・マネジメントやサプライチェーンマネジメントをリーダーシップの視点も入れながら実務で活かせる教育を実践している。

森本 麻衣子

森本 麻衣子
担当

サステナビリティと人権問題

略歴

大学卒業後、独立ジャーナリストのグループであるアジアプレス・インターナショナルを経て、カリフォルニア大学バークレー校博士課程修了(文化人類学博士)。
専門分野は法人類学、歴史人類学。2021年4月に青山学院大学法学部に准教授として着任し、本年度新設のヒューマンライツ学科を中心に、「戦争・紛争と人権」「貧困と人権」などの科目を担当する。
共著に『越境する平和学』(金敬黙編著、法律文化社、2019年)、共訳書に『曝された生 チェルノブイリ後の生物学的市民』(アドリアナ・ペトリーナ著、粥川準二監修、人文書院、2016年)などがある。

高田 絵梨

高田 絵梨
担当

貧困問題

略歴

1986年北海道出身。大学卒業後、一般企業で人材育成や採用業務に携わり、2020年4月にチャンス・フォー・チルドレンに入職。新型コロナウイルスの感染拡大による経済的影響を受けた子ども支援事業など新規事業の立ち上げや、ファンドレイジングチームのリーダーを務めている。

阿部 直彦

阿部 直彦
担当

経営者報酬

略歴

20年を超える日米での経営者報酬コンサルティングの経験を有し、本分野の日本におけるパイオニア。米国KPMG(ロサンゼルス)日系企業部ディレクター、タワーズペリン(現タワーズワトソン)のロサンゼルス(コンサルタント)等を経て東京支店代表等を勤めた。2013年にペイ・ガバナンス日本株式会社の代表パートナーに就任。日本経済新聞、朝日新聞、日経ビジネス、ウオールストリートジャーナル、ビジネスウイークなど多くのメディアに対して経営者報酬に関するコメント及び論文の提供実績がある。
1985年 應義塾大学商学部卒業。桜美林大学客員教授。米国ペイ・ガバナンスLLCは、旧タワーズペリン経営者報酬部門のシニアパートナーが中心となって設立された経営者報酬コンサルティング専門会社。大規模クライアントの領域でのマーケットシェアが高く、S&Pラージキャップ500社では、創設4年で、第2位にランクされている。ペイ・ガバナンス日本株式会社は、米国ペイ・ガバナンスのグローバルメンバーファームで、日本初の独立系経営者報酬コンサルティング会社として設立され大手グローバル日本企業の報酬委員会へのアドバイザーを務めている。

野地 もも

野地 もも
担当

経営者報酬

略歴

明治大学大学院商学研究科修士(首席)、博士後期課程単位取得退学。コーポレート・ガバナンスおよびコーポレート・ファイナンスを専攻し、大学院時代より日本企業の経営者報酬問題を研究する一方、ペイ・ガバナンスにてコンサルティグおよびデータ分析を担当する。立教大学等兼任講師(統計学等)。
著書に「東アジアとアセアン諸国のコーポレート・ガバナンス」(2016)税務経理境界(pp.67-84, pp.65-102,pp.169-181)、他論文、寄稿、データ提供等。

工藤 拓毅

工藤 拓毅
担当

エネルギーレジリエンス

略歴

一般財団法人日本エネルギー経済研究所理事、電力・新エネルギーユニット担任。
専門分野は、エネルギー需給分析・予測、地球温暖化政策新・再生可能エネルギー政策、省エネルギー政策、温室効果ガスインベントリ・検証等の国際標準化。
1984年ピジョン(株)開発部入社。1991年筑波大学大学院環境科学研究科修了(学術修士)後に(財)日本エネルギー経済研究所入所。1997年Resources for the Future客員研究員、2015年同所グリーンエネルギー認証センター・センター長を経て2018年から現職。
UNFCCC、The Joint Implementation Supervisory Committee (JISC)委員/委員代理(2005年~2015年)。ISO/TC207/SC7国内委員会委員長、ISO TC292/PWI on Energy resilience, Project leader(2021年~2022年)など多数のISO関連活動に参加。経済産業省や環境省審議会/WG委員を数多く歴任。
令和3年度産業標準化事業表彰経済産業大臣表彰。

夫馬 賢治

夫馬 賢治
担当

環境

略歴

2013年に(株)ニューラル創業。信州大学グリーン社会協創機構特任教授。サステナビリティ経営・ESG投資アドバイザー。上場企業の社外取締役やサステナビリティ委員会委員も複数務める。環境省、農林水産省、厚生労働省のESG分野の6つの委員会委員。Jリーグ特任理事、国際NGOウォーターエイドの日本法人理事、DE&I専門の社団法人Mushing Up理事。ニュースサイト「Sustainable Japan」編集長。
著書『ネイチャー資本主義』(PHP新書)、『武器としてのカーボンニュートラル経営』(ビジネス社)、『ESG思考』『超入門カーボンニュートラル』(講談社+α新書)、『データでわかる 2030年 地球のすがた』(日経プレミアシリーズ)他。
国内外のテレビ、ラジオ、新聞、雑誌で解説を担当。日弁連、公認会計士協会、日本監査役協会等での講演多数。ハーバード大学大学院サステナビリティ専攻修士。サンダーバードグローバル経営大学院MBA。東京大学教養学部国際関係論専攻卒。

境 睦

境 睦
担当

人的資本

略歴

早稲田大学大学院 商学研究科 商学専攻 博士課程単位取得満期退学。明治大学 博士(経営学)。専門は企業金融論、イノベーション論。日本労働科学学会副会長、日本中小企業ベンチャービジネスコンソーシアム副会長。境著『日本の戦略的経営者報酬制度』が日本財務管理学会・学会賞(著者の部)を受賞。2023年に『DXと人的資本投資』を刊行予定。

島田 由紀

島田 由紀
担当

キリスト教とサステナビリティ

略歴

東京大学 文学部 西洋史学専修課程卒業、同大学院 人文社会系研究科 西洋史学専攻 修士課程修了、同大学院 人文社会系研究科 倫理学専攻 博士課程(単位取得退学)、Princeton Theological Seminary博士課程修了(Ph.D.)。2020年4月より青山学院大学国際マネジメント研究科准教授。「文化と宗教から見るビジネスと倫理」「ビジネス倫理とリーダーシップ」等の科目を担当。

須田 敏子

須田 敏子
担当

サステナブル人材戦略

略歴

青山学院大学国際マネジメント研究科教授。
専門は、人材戦略、組織行動、国際経営比較など。日本能率協会グループで「人材教育」編集長等を歴任後、イギリス留学。リーズ大学で修士号(MA in Human Resource Management)、バース大学で博士号(Ph.D.)取得。
主要著書に『日本型賃金制度の行方―日英の比較で探る職務・人・市場』『HRMマスターコースー人事スペシャリスト養成講座』(慶應義塾大学出版会)、『戦略人事論―競争優位の人材マネジメント』(日本経済新聞出版社)、『組織行動―理論と実践』(NTT出版)、『マネジメント研究への招待―研究方法の種類と選択』(中央経済社)(以上、すべて単著)、『「日本型」戦略の変化―経営戦略と人事戦略の補完性から探る』(東洋経済新報社)(編著)、『持続的成長をもたらす戦略人事―人的資本の構築とサステナビリティ経営の実現』(経団連出版)(共著)、『戦略とは何か?本質を捉える4つのアプローチ』(慶應義塾大学出版会)(翻訳)などがある。

井川 智洋

井川 智洋
担当

ESG投資

略歴

住友生命保険、ニッセイアセットマネジメント、外資系運用会社で、アナリスト、ポートフォリオマネージャー、運用責任者としてグローバル株式の投資業務に従事。2019年にフィデリティ投信に入社、2021年よりヘッド・オブ・エンゲージメント。投資先企業とのサステナビリティ課題解決に向けた対話を通じ、企業価値向上に貢献できるよう活動している。国際コーポレートガバナンスネットワーク(ICGN)・グローバルガバナンス委員会委員。一橋大学経済学部、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科卒業。