TOP

Campus Life

青山ビジネススクールの学生生活をご紹介します。アクセス抜群のキャンパスと充実した学習施設、活発な学生・同窓会活動に触れることができます。

TOP PAGECampuslife 〉学習施設と環境

学習施設と環境

17号館
写真

青山ビジネススクール(ABS)は、2012年に竣工した大学17号館の上層階に教室や教員研究室が設置されております。

クラスディスカッションを行う教室、グループディスカションや演習を行う演習室やデータ分析や青山アクション・ラーニングを行うための教室などが最新設備となり、学習環境が一層向上しています。

授業の合間にくつろぎ、クラスメンバーと交流できるラウンジ(※ICカードで入室)や、個人用のロッカーも充実。また、少人数でのグループワークに適した演習室(事前予約制)は、在校生の自主学習の場として積極的に活用されています。

写真

フロアマップ

ABSは8階の一部と、11階・12階のフロアとなります。事務窓口である専門職大学院事務室は2階に設置されます。

フロアマップ
合同研究室ライブラリ

ABS合同研究室に隣接するライブラリでは、マネジメントなどに関する専門書や海外のビジネス誌など1000冊以上書籍が所蔵されており、研究・レポート作成の際のレファレンスとして閲覧可能です。

大学図書館
写真

青山キャンパスには青山学院大学図書館があり、相模原キャンパスの万代記念図書館と併せて172万冊の蔵書があります。

女子短期大学図書館を含む3施設の蔵書目録を同時に検索できるシステムは、ウェブサイトを利用して学内外どこからでも検索可能です。さらに国立国会図書館や他大学の図書館蔵書をはじめ学外の情報サービスも利用できるなど、充実したシステムを有しています。

また、図書館資料を利用したゼミや共同研究スペースとして閲覧席やグループ学習室も用意されていますので、グループ学習の際にも役立ちます。

交通アクセスの良さゆえに、修了後も利用するビジネスパーソンが多いことも特長です。

青山学院大学図書館の詳細はこちら

情報メディアセンター
写真

青山学院大学では、高度情報化社会の進展に対応した教育研究環境を実現すべく、教育研究システムの充実を図っています。現在では、青山・相模原両キャンパスはシステム統合されており、学部生・大学院生・教員のすべてが、学内のパソコン施設を利用して講義情報などを入手可能になっています。

また、青山キャンパスにある情報実習室や公開パソコン室などの学内パソコン施設には、ICカードによる個人認証システムを導入、24時間体制の不正アクセス監視など、万全なセキュリティのもとで、安心して情報検索などができます。

上記パソコン施設以外にも、ABS専用のパソコンルーム(※大学院棟)や就職情報端末など、整備された情報インフラを駆使した最先端の教育を受けられるでしょう。

さらに、学内パソコンだけでなく、持ち込んだパソコンや、自宅からでもユーザー認証を受けることでネットワークの利用が可能となります。
※大学院棟では無線LAN環境を提供しています。

青山学院大学情報メディアセンターの詳細はこちら

外国語ラボラトリー
写真

外国語ラボラトリーは、語学教育の向上を目的として設置されている視聴覚教育施設で、本学の全学生・修了生の利用が可能です。

AVライブラリーには、映画などのビデオ教材が豊富に取り揃えられており、CNNやBBCなどの海外放送局の視聴や各種語学講座のテキストなどと併せて利用することができます。

また、CALL教室では、パソコンを使用した講義が行われるほか、授業などの使用時間外には自習用に解放されています。TOEFLやTOEICテスト対策用の自習教材を使用した学習ができます。

青山学院大学外国語ラボラトリーの詳細はこちら

学生食堂
写真

青山キャンパス17号館の1階には学生食堂があり、多くの学生の憩いの場となっています。開放的な雰囲気で、大学オリジナルの様々なメニューを手頃な価格で取り揃えております。また7号館の地下にも学生食堂やサブウェイがあり、食事が楽しみになるかもしれません。

周辺設備
写真

青山ビジネススクールが設置されている青山学院大学青山キャンパスの魅力は、なんと言っても抜群の立地の良さです。

キャンパス周辺の渋谷・表参道・原宿などにはカフェやショップなどが多くあり、夜遅くまで賑わっています。もちろん遊びだけではなく、国連大学をはじめとする教育施設、美術館やギャラリーなどの文化施設も大小さまざまにあり、多様な知的好奇心を満たすことでしょう。

また、青山キャンパスはアクセスの良さも大きな特徴です。最寄り駅のJR渋谷駅まで徒歩10分、地下鉄表参道駅までは徒歩5分という近さに加え、両駅ともに多数の路線が乗り入れているので、国立国会図書館などへも乗り換えなしで訪れることができます。