2019.12.20

日本証券アナリスト協会・青山学院大学大学院国際マネジメント研究科共催セミナーのご案内
『非財務情報とオルタナティブデータを用いた企業評価の潮流』

ABSの寄付講座(企業分析とファンド・マネジメント・シミュレーション)を提供していただいている日本証券アナリスト協会との共催で、2020年3月7日(土)にセミナー「非財務情報とオルタナティブデータを用いた企業評価の潮流」を開催いたします。

対象はABS在学生、修了生、今年度入試合格者、ならびに日本アナリスト協会の検定会員の方です。

近年、財務情報に加えて非財務情報や伝統的に用いられてきた公開情報以外のデータであるオルタナティブデータの活用が企業価値評価において注目されています。

本セミナーはそのような情報やデータの活用についてのセミナーです。ご興味のある方は是非ご参加ください。参加費は無料、お申し込みは先着順となります。

日 時: 2020年3月7日(土)13:00~17:00(開場:12:30)
会 場: 青学会館(アイビーホール)2階ミルトス
東京都渋谷区渋谷4-4-25
TEL:03-3409-8181
https://www.ivyhall.jp/
テーマ: 『非財務情報とオルタナティブデータを用いた企業評価の潮流』
司会進行: 森田 充 国際マネジメント研究科教授
参加費: 入場無料 ※お申し込みは先着順100名様までとなります。
プログラム(予定)
13:00 【開会の辞】
渥美 恭弘 日本証券アナリスト協会常務理事
13:10~13:25 【講演】
「非財務情報とオルタナティブデータの整理」
吉野 貴晶 青山学院大学 客員教授/ニッセイアセットマネジメント投資工学開発センター長
13:25~14:10 【講演】
「非財務資本とエクイティ・スプレッドの同期化モデルの訴求」
柳 良平 エーザイ株式会社 専務執行役 CFO(最高財務責任者)/早稲田大学大学院 客員教授
14:10~14:55 【講演】
「特許情報の価値関連性と株価への浸透過程」
井出 真吾 ニッセイ基礎研究所 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト
15:10~15:55 【講演】
「非財務情報とオルタナティブデータを使った企業評価、市場予測実務」
吉野 貴晶 青山学院大学 客員教授/ニッセイアセットマネジメント投資工学開発センター長
15:55~16:45 【講演】
「資産価格評価と情報技術」
高橋 大志 慶應義塾大学大学院 経営管理研究科(慶應義塾大学ビジネス・スクール) 教授
16:45~16:55 【閉会の辞】
中里 宗敬 国際マネジメント研究科研究科長・教授
申込方法

以下の申込メールアドレスに「お名前・入学年次(アナリスト協会会員の方は会員番号と所属)」を送信ください。
申込メールアドレス:2020saajabs1@gsim.aoyama.ac.jp

日本証券アナリスト協会・青山学院大学大学院国際マネジメント研究科共催セミナーのパンフレットはこちら